本文へスキップ
HOME 挨拶&Tweet 研究概要 お知らせ 問い合わせ・アクセス 入会方法 リンク
リンク
ゼブラフィッシュスクリーニングセンターは様々な研究機関や企業との交流・共同研究を通して、より広範囲に研究成果を出してゆきたいを考えています。
ご興味のある方はぜひ、ご連絡ください。

Zebrafish International Resource Center


オレゴン大学にあるゼブラフィッシュリソースセンター、通称ZIRC(ザーク)です。世界中の野生型(Wild type)、遺伝子組換個体(蛍光タンパク質発現系)、突然型/CRISPR変異個体を管理飼育しています。受精卵ならけっこうリーズナブルな値段で購入できます。こんな遺伝子のノックアウトはないかな、どこそこの臓器が光っている魚はいないかな、と考えている方は、ぜひ一度ご覧になればあるかもしれません。
また、ゼブラフィッシュ飼育を始める人に対し、いろいろ指導もしてくれます。センター長も10年以上前にしばらく滞在し、基本的なゼブラフィッシュ飼育のノウハウを教えていただきました。

Addgene


ほぼ世界中のベクターが格安(1つ6000円くらい)で入手できるNPOです。C〇NE〇ECHなどでほしいベクターを数万円で購入する前に、Addgeneのサイトで検索すると入手できることが多いです。しかも蛍光タンパク質発現系などはすでにLentivirus vectorまで構築されて配布されていたりします。超おススメです。

蛍光スペクトラムビューワー


Molecular Porbesさん(Thermoとも言う)が提供しているサービス。いろいろ蛍光タンパク質を使いまわしているゼブラフィッシュ研究者には、ある意味必須のスペクトラムビューワーです。どのフィルターでどの蛍光が見えるか、いちいち数値やバンドを気にせずに直感的に判断できます(たぶん)。
Molecular Probesさんは、ZIRCに行っていたころ会社訪問したことがあります。Eugeneになる落ち着いた感じの雰囲気の良い会社でした。

三重大学関連