本文へスキップ
HOME 挨拶 活動報告 プロトコール 研究業績 入会方法 リンク
Back

Publication(2016)

2016
Application of Coiled Coil Peptides in Liposomal Anti-Cancer Drug Delivery Using a Zebrafish Xenograft Model.
Yang J, Shimada Y*, Olsthoorn RC, Snaar-Jagalska BE, Spaink HP, Kros A.
ACS Nano. 2016;10:7428-7435. *equally contributed first author

Comparative study of the zebrafish embryonic toxicity test and mouse embryonic stem cell test to screen developmental toxicity of human pharmaceutical drugs.
Inoue A, Nishimura Y, Matsumoto N, Umemoto N, Shimada Y, Maruyama T, Kayasuga K, Morihara M, Katagi J, Shiroya T, Hirota Y, Kim S, Tanaka T.
Fundam. Toxicol. Sci. 2016;3:79-87.

Novel immunologic tolerance of human cancer cell xenotransplants in zebrafish.
Zhang B, Shimada Y*, Hirota T, Ariyoshi M, Kuroyanagi J, Nishimura Y, Tanaka T.
Transl Res. 2016;170:89-98 *equally contributed first author

Presentation (2016)

2016年12月2日  第26回日本循環薬理学会
肥大型心筋症の新規関連遺伝子GSTK1の発見と機能解析
西村有平、笹川翔太、岡部志功、村上宗一郎、芦川芳史、弓削瑞葵、川口幸輝、島田康人、岡本隆二、伊藤正明、田中利男
2018年12月16 - 19日  British Ecological Society Annual Meeting 2016年11月9日  第130回日本薬理学会近畿部会
コイルドコイル型ペプチドを用いた抗がん剤デリバリー技術の開発
島田康人、楊剣,Rene C.L. Olsthoorn,Ewa Snaar-Jagalska, Herman P Spaink, Alexander Kros

有毛細胞再生医学に向けたシステムズ薬理学
弓削瑞葵, 西村有平, 笹川翔太, 岡部志功, 芦川芳史, 多田智子, 佐藤由美, 宮尾遼, 村上宗一郎, 川口幸輝, 島田康人, 田中利男
2016年11月12日  Society for Neuroscience, 2016 Annual Meeting
E2F4 promotes recovery after spinal cord injury in zebrafish
Shota Sasagawa, Yuhei Nishimura, Yuka Hayakawa, Soichiro Murakami, Yoshifumi Ashikawa, Mizuki Yuge, Shiko Okabe, Koki Kawaguchi, Reiko Kawase, Yasuhito Shimada and Toshio Tanaka

Pharmacological profiling of zebrafish sleep-awake states
Yuhei Nishimura, Shiko Okabe, Shota Sasagawa, Soichiro Murakami, Yoshifumi Ashikawa, Mizuki Yuge, Koki Kawaguchi, Reiko Kawase, Yasuhito Shimada and Toshio Tanaka
2016年11月8日  平成28年度創薬シーズ相談会
2型糖尿病ゼブラフィッシュを用いたin vivoスクリーニング技術
島田康人
2016年11月4日  第2回ゼブラフィッシュ創薬研究会
食餌性肥満モデルの新しい研究展開
島田 康人、臧 黎清、西村 有平、田中 利男

有毛細胞再生のシステムズ薬理学
弓削瑞葵、西村有平、岡部志功、笹川翔太、村上宗一郎、芦川芳史、多田智子、 佐藤由美、宮尾遼、川口幸輝、島田康人、田中利男

脊髄損傷モデルゼブラフィッシュの作製と機能解析
西村有平、笹川翔太、早川友香、村上宗一郎、芦川芳史、弓削瑞葵、岡部志功、川口幸輝、島田康人、田中利男

臨床肝細胞癌移植ゼブラフィッシュによる個別化医療システム開発
川口幸輝、栗山直久、種村彰洋、笹川翔太、北原絵理奈、中山寛子、高橋佑佳、杉村相子、早川友香、廣田千鶴、小岩純子、水谷有香、島田康人、西村有平、伊佐地秀司、田中利男

ゼブラフィッシュを用いたシステムズ毒性学
宮尾遼、西村有平、村上宗一郎、芦川芳史、弓削瑞葵、多田智子、佐藤由美、 岡部志功、川口幸輝、笹川翔太、島田康人、田中利男

新規ミエリン化誘導薬探索のシステムズ薬理学
芦川芳史、西村有平、岡部志功、笹川翔太、村上宗一郎、弓削瑞葵、川口幸輝、 島田康人、田中利男
2016年10月5-6日  The 9th Zebrafish Disease Models Conference
Diet-induced Obesity Model for Natural Products Drug Discovery
Yasuhito Shimada、Liqing Zang、Norihiro Nishimura、Toshio Tanaka

2016-1005
Creation of Novel Zebrafish Model for Type 2 Diabetes Mellitus
Liqing Zang, Yasuhito Shimada, Norihiro Nishimura
2016年9月25日  第2回ゼブラフィッシュ創薬研究会
The utilization of waste from citrus fruit ‘Yamato-Tachibana’ as functional food material.
Yuka Yamada, Hiroko Nakayama, Yasuhito Shimada and Takashi Mishima
2016年9月15日  第89回日本生化学会大会
Anti-cancer Drug Delivery using Supramolecular Coiled-Coil Peptides Formation
島田 康人、Jian Yang、Rene C.L. Olsthoorn、Ewa Snaar-Jagalska、Herman Spaink、西村 有平、Alexander Kros
(Oral & Poster presentation)

2016-0927
新規2型糖尿病ゼブラフィッシュの構築および比較トランスクリプトーム解析による発症メカニズムの解明
臧 黎清、島田 康人、西村 訓弘
2016年9月9日  近畿バイオインダストリー振興会議第37回シーズ公開会
糖尿病ゼブラフィッシュを用いたin vivoスクリーニングシステム
島田 康人
(Oral & Poster presentation)
2016年6月24日  第129回日本薬理学会近畿支部部会
in vivoスクリーニングによる新規抗肥満化合物、ラムナン硫酸の発見
島田 康人、臧 黎清、西村 有平、西村 訓弘、田中 利男

新規ミエリン化誘導薬探索のシステムズ薬理学
芦川芳史、西村有平、笹川翔太、村上宗一郎、弓削瑞葵、岡部志功、川口幸輝、川瀬玲子、島田康人、田中利男
2016年6月15日  ICCA-LRI and NIHS Workshop
Development of in vivo fluorescent imaging of neuronal differentiation in zebrafish for developmental neurotoxicity testing
Yuhei Nishimura, Yoshifumi Ashikawa, Shota Sasagawa, Soichiro Murakami, Mizuki Yuge, Yumi Sato, Tomoko Tada, Shiko Okabe, Koki Kawaguchi, Yasuhito Shimada, Toshio Tanaka
2016年5月21日  第80回日本生化学会中部支部例会
統合オミックス解析による食餌性脂肪肝の新規発症メカニズムの発見
島田 康人、國永 史生、西村 有平、田中 利男

食餌性肥満ゼブラフィッシュモデルを用いた天然物由来抗肥満成分の探索研究
臧 黎清、島田 康人、西村 訓弘
*現在イベントの予定はございません。

過去の業績はこちら

 Publication
  • 2017
  • 2016
Conference
  • 2017
  • 2016