本文へスキップ
HOME 挨拶&Tweet 研究概要 お知らせ 研究業績 ゼブラフィッシュ 飼育施設 リンク
リサーチセンター長 島田 康人
Yasuhito Shimada, MD., PhD.

三重大学大学院医学系研究科統合薬理学分野 講師
三重大学地域イノベーション推進機構先端科学研究支援センター
バイオインフォマティクス部門

 
ご挨拶 (過去バージョンはこちら
 オランダ ライデン大学より帰国して2年がたち、最初はどうなることかと思っていたゼブラフィッシュを用いた創薬研究もようやく軌道に乗り出しました。当初は三重大学のサポートのみでしたが、ここ1年でロート社をはじめ、工学・バイオ・食品など幅広い企業との共同研究も始まり、一緒に手伝ってくださっている研究者の方々もどんどん増えております。もちろん、科研費やJSTなど(NEDOはまだですが)、日本政府から多くの支援もいただけるようになってきました。感謝の意を述べると同時に、これからも一層研究に励み、一日も早く皆様に新たな治療法・医薬品の開発に貢献できるよう努力いたします。

 本センターは今年4月より、抗がん剤開発のみならず、様々なヒト疾患モデルゼブラフィッシュを用いた基礎研究・化合物スクリーニングを開始しました (ヒト疾患モデルのレパートリーについては、研究概要をご参照ください)。近未来的な臨床研究へのステップアップを目標に、三重大学の医薬品開発能力を世界レベルにすることを目指して、研究開発を行っています。
現在進行中のプロジェクト
  1. がん移植ゼブラフィッシュを用いた抗がん薬探索スクリーニング
  2. 選択的抗がん剤送達技術の開発
  3. 培養細胞・ゼブラフィッシュ・マウスを用いた抗がん剤作用メカニズム研究
沿革
 2018年4月1日

卓越型リサーチセンター名称変更および研究内容拡大

次世代創薬・ゼブラフィッシュスクリーニングセンター
2017年11月1日

卓越型リサーチセンター設立

三重大学による研究資金提供を受け、センターを設立
2017年11月15日

リサーチセンターホームページ開設

独自ドメインによるホームページを開始
2017年11月25日

専従ラボ開設

三重大学地域イノベーション研究拠点D棟3階に専従ラボ開設





Editorial-board member in Intgerative Molecular Medicine
日本薬理学会学術評議員
日本心脈管作動物質学会学術評議員